Sumo fish
なぜ世界一といえるのか?

日本の寿司職人に

​日本の養殖魚は負けたなと言わせた魚

世界一美味い魚が育つ養殖環境

​横綱はた/大関あじ/関脇の銀

台湾の南シナ海に位置する唯一海上での完全養殖。

半径約10km以内に工場がなく廃棄汚染がないのでとても水が綺麗。

季節によって3つの海流が混じり合うこの場所は

多くの栄養をもたらす。

良質なたんぱく質を多く含む餌を与えている。

​天然の小魚も餌として食べているので、養殖の味ではなく天然の味、旨味、甘みがある。

最大の特徴は

動画にもある山風である

これが半年間もつづき

魚の身に極上の締りをもたらす

​注意しておくが決して台風時の映像ではない

養殖場
動画を再生
山風1
動画を再生
 
横綱はた

はた

横綱はた
動画を再生

これぞ熟成の旨み!

水揚げして活〆から3日目には熟成の旨み、甘みが確認され

​その後旨みがさらに増してくる

 
大関あじ
動画を再生
大関あじ

丸小判   2020年秋ASC取得予定

全身トロの旨み!

割きたてでわかる、上品なトロみ

​※大分市の佐賀関でとれる関あじとは全く違う魚です。

 
関脇の銀

スギ 2020年秋ASC取得予定